グレープを使いこなせる上司になろう

やけに秋を飛ばして冬場がやって来たようです。私のいるストリートは間もなく10℃を切りそうで、冬場が本格的に始まったらいかんせんとしています。
お忍びですが寒いのは小さい頃からとても拒否だ。中学校の時は偽りよりも暖かさ注視でジャージ、パーカー、制服を繰り返し着した『偽りよりも暖かさ』ポリシーを確立していました。
ただしすでにハイスクールも卒業しておとなという大きな一区切りを迎える今、とにかく偽り注視のスタイルに切り替え内輪だ。
今日都内とかで流行っているパーカーやスキニージーンズなどを購入したのですが、コイツ寒くね? という第一意見だ。
まぁ中学生ハイスクールって上に6枚、下に6枚着込んでいたのでしょうがないのですが。さっそくスタイリッシュは寒いのを我慢して始める方法かと思いました。
ただし昔からオシャレに気を使っていた仲間に相談するって、誠にジーパンの下にタイツらしいものが出てきました。
そうしてトップスの下にも優しいインナーを着ていました。
誠に、こうした手法が存在しているなんて知らなかった。
私も急いで購入して、暖かさというスタイリッシュを兼務したイマドキファッションの参加を果たしました。
これで今冬は安心して乗り越えることが出来る、ホッと白いブレスをはきました。